馬への思い

 僕たちは馬の魅力に取りつかれてから40数年経ちました。はじめは皆さんと同じく、乗馬クラブに通って練習しました。

 そしてさらに上達したくて、乗馬クラブに就職して経験を積ましていただきました。騎乗の技術を磨き、理論を覚え、レッスンさせて頂けるようになりましたし、ライセンスや指導者資格も取らせていただきました。
 馬を調教して、その馬に乗ったお客さんが競技で好成績を収めたり、自分の調教した馬が売れたりする事がとても楽しく感じた時期が続きました。

 沢山の方に乗馬を楽しんで頂くためには、騎乗して頂く馬達をただ調教するだけではなく、体調管理の為にその馬の運動量に見合うような給飼に調整したり、怪我を治療したり、馬体の状態を確認して適切な馬具を準備したりしなければならないという事を学びました。
 皆に乗りやすいと言ってもらえることが嬉しかったですし、そこにやりがいを見つけ出しました。乗りやすい馬は良く使われ、徐々に故障も多くなって行きました。

 試合の出場がまじかに迫った時に、少しハードな練習をして、下肢部に問題が生じました。そのため当該馬には治療と休養が必要となり、その試合の出場はキャンセルせざるを得なくなり、出場予定だった方にご迷惑おかけしてしまいました。
 またその試合に向けて準備したことや、費やした時間と労力なども、無駄にさせてしまったし、期待を裏切ることで離れていく方も出ました。

そんな馬達に、 自分に出来ることは何か?という事を深く考えました。

 馬の負担を減らすことを考えながら、獣医師のから指示や自身で学んで怪我の治療を覚えて、治療に向き合いました。それと同時にどうすれば怪我や体調不良を防ぐことが出来るのかを考え、模索しました。
 今でこそ動物愛護の法律も整備され、馬達の稼働時間も目安が出来ましたが、この当時はそんな情勢ではなく、競走馬を引退した馬を乗馬として再活用することはそれだけで肥育に回されと畜される馬よりマシ?なんだからと言う感じで馬達の使役環境はあまり良くはなかったですが、大人しい馬がいないと成り立たない状況でしたので、何とかその命を繋ぎ留めたかった時期でした。

 そんな時、久しぶりにまとまった休暇が取れたので実家に帰り、騎乗出来なくなった後も父が余生を送らせてていた愛馬ブラックアドミラル号に会いに行きました。高齢の為、すでに騎乗は出来ませんでしたが、家族みんなで調教し、試合に参加したりした馬です。去勢することを拒否したため、繋留先がなかなかなく、毎日父が早朝に世話しに行ってました。
 
 全身真っ黒の青毛のサラブレッドで牡馬でしたので、何か神々しく、特別な感じのする馬でした。但し牡馬だったので引馬や競技場で興奮して扱いが難しかったし、準備運動で飛び過ぎるとコースで落下があるので、準備運動をし過ぎないでフレッシュな状態で臨むことも時としてありなんだというを覚えました。高校1年生くらいまでで、今でいうM-DからM-Cクラスまでを沢山経験を積ませてくれた。もともとエビで競走馬を引退したので、常にそういうケアを心がけることを教わった馬でした。

 楽しく再開を果たし、放牧場で何かを訴えるように目の前ではしゃいで立ち上がったり、跳ねて走り回ったり。10年ぶりくらいの再会でしたが僕を覚えていてくれて、何か嬉しそうに、何かを訴えているようでした。集牧して手入れして厩に帰し夕飼いを上げてから帰路につきました。

 心を充電し、また心新たに仕事を頑張ろうとした翌々日に訃報が届きました。
 再会し帰った翌日から疝痛を起こし、翌日に虹の橋を渡ったみたいでした。

 その頃、疝痛の治療薬でバナミンがまだ輸入品のみで高価でしたが、疝痛の初期治療薬として普及しだした頃でしたので、父に教え投薬を促しましたが、往診して頂いた獣医師はまだ使用してなかったので、どうしようもなく、ただ見守るだけだったらしいです。
前回帰省した時は、僕が中学生の時にもらってきた犬のコロが同じように無くなりました。中学生の時に通学路で捨てられていた中の一匹でした。

 その頃から、すべて獣医師任せではなく、自分も勉強して知識を持ち、治療方針などを獣医師と相談し、獣医師が往診できない時でも、獣医師の指示で治療の補助?代行が出来るようにならなければという気持ちが固まりました。

続く(2021/11/5)